美濃和紙、紙糸は松久永助紙店

会社案内
HOME > 会社案内
会社案内
商品案内 ネットショップ
商品企画室
作品集

和紙の可能性を深耕する老舗企業(温故知新)

松久豊太郎

弊店は、二代目松久永助が明治9年に創業した和紙の卸店でございます。

お陰様で弊店は、平成28年(2016年)で創業140年を迎え、創業以来、美濃和紙を一貫して手掛け、全国の多くの顧客の皆様に支えられて、今日に至っております。

弊店は、伝統的な和紙の販売はもとより、医療用和紙素材、打上げ花火に使われる和紙、各種カード入れ、掃除機用のクリーナーパック等の加工製品を手がけ、最近では、和紙の靴下タオル紙糸手さげ袋を販売しており、若い方々にも大変ご好評を頂いております。

今後は、和紙本来の魅力を活かし、和紙の可能性を深耕する老舗企業としての高い志を持って新規用途開拓、紙のハイブリット化と事業の発展継続を進めてまいります。

2011年5月
株式会社松久永助紙店
松久 豊太郎

会社概要

創業時代の建物
創業時代の建物
うだつ(左側)うだつ(右側)
うだつ(拡大写真を表示)
帳場
帳場
株式会社松久永助紙店
現在の店舗
株式会社松久永助紙店
店舗内観
会社名 株式会社松久永助紙店
代表者 松久 豊太郎
所在地 〒501-3728 岐阜県美濃市本住町1929
電話 0575-33-0007
FAX 0575-35-1686
創業 明治9年
資本金 1000万円
会員 美濃市商工会議所
岐阜県紙業連合会

経営理念・方針

温故知新

アクセス


大きな地図で見る